子どもを産んでから家庭最優先で過ごしてきた主人公・ゆうか。夫のてるおは「俺がゆうかを守ってあげるから」と頼もしい。

ゆうかが育児と家事を両立できなくても、てるおは怒らず、仕事についても「無理に仕事復帰しなくていいよ。家のことに専念したほうがいいんじゃない?」という態度。友達からも、「外で働かなくていいなんて勝ち組じゃん」と羨望の眼差しを向けられる。

しかし、「本当、何も知らないなあ」「俺がいないとダメだなぁ」など、てるおの言葉には隠れたいくつもの”トゲ”がふくまれていて……。

注目作『ママはパパがこわいの? 夫の扶養からぬけだしたい〜ゆうかの場合〜』から、一部抜粋してご紹介します。

著者:ゆむい