婚活は、言わずとしれた結婚をするための活動なのだが、婚活アプリや婚活パーティには、結婚が目的ではなく、恋人を作りたい、また遊び相手を探したいという気持ちで、登録や参加している人たちもいないわけではない。そんな相手を本気で好きになってしまったときには、どうしたらいいのだろうか。

仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、婚活アプリで知り合った男性に本気になってしまった女性の苦しい胸の内をつづる。自分を選んでくれない男性を、断ち切るにはどうしたらよいのか――。

ちあき(38歳、仮名)が入会面談にやってきたのは、半年前のことだった。「1年以内に結婚をして、できることなら40歳になるまでに子どもを授かりたいんです」と切実な表情で言った。

“結婚を本気でしたい“と思ったのは、37歳になったときだ。誕生日がフックになったという。そこで友達から勧められた婚活アプリに、37歳の誕生日に登録した。

「アプリで1年ほど活動をしていましたが、いいなと思う男性はお付き合いが始まっても長続きしない。1、2度会って連絡が来なくなる人もいるし、いい感じで続いていても1カ月を過ぎた頃からだんだんと連絡が来なくなって、うやむやに終わってしまうパターンが多かったんです」

そこで、婚活場所を結婚相談所に変えることにした。相談所は仲人が間に立ち、交際や交際終了をサイト上ではっきりと記すので、うやむやに交際が終わることはない。また、終了するときの相手の気持ちや終了理由もわかる。

「時間もないので、短期決戦で集中してがんばります!」

こうして、ちあきの相談所での婚活が始まった。

驚くほどたくさんの申し込みが来たが…

相談所での婚活で最初にすべきことは、写真館できれいに写真を撮ること。申し込みがたくさんかかるようにするためだ。

アプリなどでは、自撮りしたスナップ写真を入れている人が多いようだが、お見合い写真がスナップだと、婚活に手を抜いていると思われてしまう。服装も、女性は清楚できれいめの服、男性はスーツにネクタイで撮るのが通例だ。

ちあきもそのマニュアルに従って、写真館で清楚なワンピース姿で写真を撮った。写真はとてもいい仕上がりで、登録すると驚くほどたくさんの申し込みが来た。そして、最初の1カ月は5つのお見合いをしたのだが、どれもお断りを入れてきた。