結婚するつもりはなかったけれど、家庭にはすごく憧れていた。結婚したら自由がなくなると思っていたけれど、今はお酒を飲まずに早寝早起きして遊ぶ暇がない田舎暮らしが「逆にラク」だと感じる――。

こんな本音を語ってくれるのは九州の田園地帯に住んでいる木田桃子さん(仮名、44歳)。色白でふんわりした外見と聞き取りやすく、チャキチャキした話し方のギャップが魅力的な女性だ。

関東地方の都会で生まれ育った桃子さんが「結婚をいいものだとは思えなかった」理由は複数ある。親の不仲と離婚、育ててくれた父親の再婚と弟妹の誕生、会社員をしながらのキャバクラでのアルバイト、既婚者と付き合ってしまってトラブルになった苦い思い出、九州に移住後に乳がんを患ってそれが原因で恋人と別れたこと、などだ。

しかし、昨年の2月に「めっちゃ優しい」農家の長男と結婚。忙しい家庭生活を慈しみながら暮らしている。桃子さんの波乱万丈な晩婚ストーリーをたどりたい。

複雑な家庭環境で育った桃子さん

「両親が離婚したのは私が10歳のときです。それまでもいつも夫婦げんかしていた記憶しかなくて、母はしょっちょう家出していました。あるとき母が本当にいなくなり、それからは父が私と弟を育ててくれました」

親の不仲で傷ついて結婚生活に幻滅する人は少なくない。桃子さんの場合は、父親が20歳も若い女性と再婚したことで弟や妹が次々に生まれたという事情もある。幸いなことに継母の恵さん(仮名)との相性はよかったようだ。

「父が再婚したとき、私は思春期の真っただ中でした。私とはわずか9歳しか年が離れていない恵さんは苦労したはずです。今では実の母よりも仲良くしていて、いろいろ相談もしています。お母さんというよりはお姉さんみたいな存在で、恵さんと名前で呼んでいます。でも、当時は弟や妹がどんどん増えて恥ずかしかったし、自分を構ってもらえないのが嫌でした」

やや複雑な家庭環境で自立心を養った桃子さん。大学を卒業後は旅行業界に足を踏み入れて、1人暮らしをしながら猛烈に働き始めた。自分自身が旅行好きだったので、稼いだお金は夜遊びと旅行に費やしたと振り返る。

さらにお金を稼ぐためにキャバクラなどのアルバイトも始めた。会社からの給料も合わせると、20代にして年収1000万円に達したこともある。当時は男性のことがお金にしか見えなかった。水商売だけが原因ではない。