新型コロナウイルスの感染では学級閉鎖になったり、授業がオンライン化したりと、学校生活も大きく変わった。そんななか、自宅で過ごす時間が増えた子どもの身体に、ある深刻な異変が起きているらしい。本来、旺盛に成長するはずの骨の成長が遅れ、休校あけに運動を再開した子どもの中に、疲労骨折を訴える子が増加しているというのだ。

千葉こどもとおとなの整形外科(千葉市緑区)副院長で、整形外科医の都丸洋平さんは、コロナ禍に入り、それほど激しい運動をしたというわけではないのに、疲労骨折を訴える子どもの患者が多いことが気になっていた。

足の甲やすねの疲労骨折が増加

そこで、実際に2017年から2020年の15歳未満の下肢疲労骨折の患者数を比較してみたところ、2017、2018年は共に28人、2019年は15人だったのに対し、新型コロナの感染拡大が始まった2020年は49人に増加していた(下図)。

また、月ごとの疲労骨折の患者数を見ると、千葉県で休校措置が取られた3〜6月には2、3人だったのに比べ、7月には一気に10人以上に増加。その後も、数カ月間は増加した状態が続いたという。

疲労骨折で受診した子どもの数(グラフ:都丸さん提供)

疲労骨折を起こした部位で多かったのが、中足骨と呼ばれる足の甲の骨や、下腿骨と呼ばれるすねの骨だ。やや男子のほうが多く、全体の57%を占めた。

疲労骨折が増えた原因について、都丸さんは「骨の成長には、栄養や遺伝的な側面もありますが、適度な運動の刺激が成長を促します。登下校や体育の時間がなくなったことで体を動かす機会が減り、骨の強度が弱くなったところに、急激な運動や体重増加で負荷がかかったのが原因ではないか」と説明する。