俳優・小林聡美さんといえば、自然体で生きる女性を演じつつ個性的な芝居をする、というイメージを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。映画『かもめ食堂』や『めがね』、「ペンションメッツァ」(WOWOW)などで、観ていて心が豊かになる作品に多数出演してきたからかもしれない。

4月29日に公開される主演映画『ツユクサ』でも、丁寧に生きる大切さと、大人が人生を豊かに生きる術を表現している。小林さんに、仕事に対する考え方や過去に経験しておけばよかったことなどを聞くと、作品の印象と同じく、自然体という言葉が似合う答えが返ってきた。

自主性を持って自分で気づき、取り入れていく

――14歳で俳優デビューしてから、今年で43年目を迎えます。先輩からアドバイスされて、仕事に活かしている言葉などはありますか。

このお仕事って年齢やキャリアはあまり関係ない世界だと思うんです。私自身、先輩からアドバイスをいただいたことはほぼありません。お芝居や芸の世界は何が正解かわからないし、自主性を持って自分で気づき、気づいたことを自分の中に取り入れていくしか術がないんです。私は自分が素敵だなと思える先輩がいたら、その先輩の作品をたくさん観たりして、自分もできそうなことは試してみるという試行錯誤でした。

先輩、後輩という垣根があまりなく、俳優同士は同じ土壌にいるという意識だからでしょうか。私もこの年(今年5月で57歳)になって、若手俳優さんに「こうしたほうがいいよ」とはおこがましくて言えません。

私は就職した経験がないので、ビジネスパーソンの方々が具体的にどのようなお仕事をしていらっしゃるのかわからないんですけど、人間力を試されるときはありますか?

――文部科学省の発表によると、人間力とは「知的能力的要素」と「社会・対人関係力的要素」と「自己制御的要素」の3つとの記載が。あると思います。

では、俳優のお仕事と似ている部分があるかもしれませんね。私の意見がビジネスパーソンの方々のお役に立ちますでしょうか……?