4月から保険適用となり、注目を集めている不妊治療。ところが、どこかで「自分には関係ない」「いつかは自然に妊娠できる」と感じている人も多いかもしれません。

「生殖医療専門医」として、最先端の不妊治療に携わる坂口健一郎医師は、不妊治療の基本を知っておくことの重要性を訴えています。個人の体質により、不妊治療が必要となるタイミングや治療法には大きく差があるからです。

書籍『妊娠しやすい習慣から不妊治療のキホンまでよくわかる 妊活パーフェクトガイド』では、専門医の見地から「いつかは子どもを授かりたい」と願うすべての人が身につけておきたい知識を紹介。本稿では、同書から一部を抜粋し、2回に渡ってお届けします。今回は2回目になります。

前回は妊娠するタイミングや検査法、卵子凍結についてお伝えしましたが、「いつかは子どもがほしい」と考えている人は、なるべく早い段階で検査に行くことをおすすめします。

なぜなら、一般的に年をとるにつれて妊娠しにくくなるといわれていますが、人によってタイムリミットは大きく異なるからです。

では、検査を受けるためには、どこを訪れればよいのでしょうか。男女共通して受診可能なのは、不妊治療を専門としているクリニックや婦人科。男性の精液検査は泌尿器科でも調べられます。

不妊症検査とブライダルチェック

不妊の検査には国が定めた項目というものがないため、施設によって婦人科系の子宮頸がんなどの検査が加わっていたり、性病の検査がセットになっていたり、受けたい検査だけを単体で受けることができたりと、検査項目が施設によって異なります。

また、不妊検査は「ブライダルチェック」といわれることもあります。何が違うのかと思われるかもしれませんが、ブライダルチェックは基本的に自由診療なので統一されたマニュアルが存在するわけではなく、施設によって行っている検査が異なります。

検査についてネットなどで調べると、婦人科や不妊治療専門クリニックなど、さまざまな選択肢が浮上するかと思いますが、その違いをご存じでしょうか。

婦人科は、生理不順や婦人系の病気、避妊や不妊の相談など、女性の幅広いトラブルに対応してくれます。一方で不妊治療専門のクリニックは、女性の妊娠や不妊治療に特化しているのが大きな特徴です。

婦人科でも、排卵日を特定したりセックスのタイミングを指導していますが、妊娠できない場合はより高度な治療を行う不妊治療専門クリニックに転院される方が多いです。

初めに行う不妊検査の傾向としては、婦人科の場合は婦人科系の病気や感染症の有無で、不妊検査においても以前から保険が適用となっている最低限の検査を行っている病院が多いでしょう。男性の精液検査を行っていない医療機関もあります。