4月11日にスタートした『元彼の遺言状』。原作は、宝島社主催の第19回(2020年)「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した作品であり、現代の“高視聴率俳優”の一人である綾瀬はるかが初めて“月9”に出演していることでも話題となっています。

綾瀬はるかは“月9”どころか、フジテレビ系列の連続ドラマに出演すること自体、実に14年ぶり。フジテレビにとっては、満を持してご登場いただいたという感じでしょうかね。この『元彼の遺言状』は、“月9”にとって通算138作目の作品となります。

ここで簡単に“月9”の歴史をおさらいしてみましょう。フジテレビの月曜午後9時枠は、1980年10月までドラマを放送していましたが、その後1987年3月まではバラエティ番組(萩本欽一の『欽ドン!』)枠となり、1987年4月からドラマ枠へと再移行しています。以後、87年いっぱいまでは「業界ドラマシリーズ」と銘打った、2ヶ月で完結する作品を5本制作。

翌88年1月から現在に至る、原則3ヶ月で1作のスタイルが確立されていることから、この時の『君の瞳をタイホする!』を“月9”第1作としている(1999年の元フジテレビ第1制作部部長・山田良明氏のインタビューより)ようです。そして『101回目のプロポーズ』や『東京ラブストーリー』など、一種の社会現象ともなるような大ヒット作を連発し、いわゆる“トレンディドラマ・ブーム”を牽引する、ドラマの代名詞的な看板枠へと成長していったのは、ご承知の通りです。

さて、今回はこの“月9”を“記録”という観点から深掘りしてみたいと思います。

記録①月9の最多主演俳優は?

これまで“月9”で最も主演をこなしてきた俳優は誰か? 最近も、綾瀬はるかや菅田将暉など、主演するだけで話題となる枠だけに、ここで複数作主演することは、俳優として一種のステイタスともなりますよね。そのトップ10の中から、まずは2位以下の顔触れをご紹介しましょう。

② 7作 中山美穂(助演として他に1作)
③ 5作 三上博史(助演として他に2作)
     福山雅治(助演として他に2作)
織田裕二
竹野内豊(助演として他に2作)
山下智久(助演として他に2作)
⑧ 4作 田原俊彦
     江口洋介(助演として他に3作)
     香取慎吾(助演として他に1作)

と、さすがの豪華なメンツという感じですよね。