倒幕を果たして明治新政府の成立に大きく貢献した、大久保利通。新政府では中心人物として一大改革に尽力し、日本近代化の礎を築いた。

しかし、その実績とは裏腹に、大久保はすこぶる不人気な人物でもある。「他人を支配する独裁者」「冷酷なリアリスト」「融通の利かない権力者」……。こんなイメージすら持たれているようだ。薩摩藩で幼少期をともにした同志の西郷隆盛が、死後も国民から英雄として慕われ続けたのとは対照的である。

大久保利通は、はたしてどんな人物だったのか。その実像を探る連載(毎週日曜日に配信予定)第27回は、大久保と「東京」誕生の関わりについて解説する

著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

<第26回までのあらすじ>
薩摩藩の郷中教育によって政治家として活躍する素地を形作った大久保利通。21歳のときに父が島流しになり、貧苦にあえいだが、処分が解かれると、急逝した薩摩藩主・島津斉彬の弟、久光に取り入り、島流しにあっていた西郷隆盛が戻ってこられるように説得、実現させた。

ところが、戻ってきた西郷は久光の上洛計画に反対。勝手な行動をとり、再び島流しとなる。一方、久光は朝廷の信用を得ることに成功。大久保は朝廷と手を組んで江戸幕府に改革を迫るため、朝廷側のキーマンである岩倉具視に「勅使派遣」を提案。それが受け入れられ、勅使には豪胆な公卿として知られる大原重徳が選ばれた。

得意満面な大久保を「生麦事件」という不測の事態が襲うが、実務能力の高さをいかんなく発揮し、その後の薩英戦争でも意外な健闘を見せ、引き分けに持ち込んだ。

勢いに乗る薩摩藩。だが、その前に立ちはだかった徳川慶喜の態度をきっかけに、大久保は倒幕の決意を固めていく。閉塞した状況を打破するために尽力したのが、二度目の島流しにあっていた西郷の復帰だった。復帰後、西郷は勝海舟と出会い、それまでの長州藩討伐の考えを一変。坂本龍馬との出会いを経て、薩長同盟を結び、大久保と西郷は倒幕への動きを加速させる。

武力による倒幕の準備を着々と進める大久保と西郷。ところが慶喜が打った起死回生の一策「大政奉還」に困惑。さらに慶喜の立ち回りのうまさによって、薩摩藩内でも孤立してしまう。

一方、慶喜もトップリーダーとしての限界を露呈し、意に反して薩摩藩と対峙することになり、戊辰戦争へと発展。その後、西郷が江戸城無血開城を実現する。

強硬な態度を一変させ、江戸城無血開城を実現した西郷

慶応4(1868)年3月に行われた西郷隆盛と勝海舟の会談によって、江戸城は無血開城されることとなった。

西郷が強硬な態度を一変させた背景について「万国公法を重視した英国公使ハリー・パークスが、公使館通訳のアーネスト・サトウを通じて圧力をかけたため」という説もよく言及されるが、日程的に西郷と勝が会談前にサトウと会った形跡はない。西郷の変節は本連載の読者であれば、むしろ通常運転であるとすんなり理解できることだろう。

一方の大久保は、いつも次善の策を持ち、臨機応変な対応を行ったが、西郷のようなちゃぶ台返しは、最もよしとしない政治家だった。内務省で大久保の片腕だった前島密は大久保について次のように語っている。組織を運営するうえで、非常に重要なので、強調しておきたい。