新型コロナウイルス感染症がパンデミックを起こしてから、はや2年が経過した。新たな変異株も発見され、わが国ではゼロコロナを目指すよりも、むしろ「コロナとどう向き合うか」にシフトしつつある。

このようななか、常に最新のエビデンスに基づいた情報を発信し続けるのが、免疫学の第一人者である宮坂昌之氏だ。同氏の新刊『新型コロナの不安に答える』から、新型コロナの現状を3回に渡ってお伝えする。今回は第2回(第1回はこちら)。

最近、オミクロンの流行に伴い、家庭内感染が増えています。これを食い止めるために、アメリカ、イギリスなどでは5〜11歳児にもワクチン接種を始めていて、日本でも2022年3月から同年齢者(希望者)への接種が始まりました。

しかし、アメリカやイギリスは日本とは状況が大きく異なります。

子どもへの感染が著しく増えている英米

両国では、大人のみならず子どもたちの感染も著しく増えていて、5〜11歳児までもがワクチン接種を受けないと、社会の中の感染の悪循環が止まらないという状態ですが、日本はそこまでではありません。

私は、ワクチンの供給量も考えると、当面は、まずは12歳以上の人たちが最低2回の接種を受けることのほうが、優先度が高いと考えます。

もう1つ考えなければいけないのが、ワクチン接種で副反応が出る可能性です。若い男性にはワクチン接種後にきわめてまれですが、心筋炎が見られることがわかっています。ほとんどの症例では入院して抗炎症剤の投与を受け、98%がその後無事に退院しています(Oster, M. E. et al, JAMA, 327(4):331, 2022)が、少し心配な話です。 

問題はこのようなことが、現在接種が推奨されている5〜11歳児でどのぐらい起こるのかです。