『24時間テレビ』(日本テレビ系)の今年のメインパーソナリティーが、「ジャにのちゃんねる」のメンバー4人に決まった。この番組でのジャニーズタレントの起用はすでに定番化しているが、YouTubeの活動を評価されてということになると前例がない。その魅力はどこにあるのか? 近年のジャニーズのネット進出事情も踏まえ、探ってみたい。

最速記録を達成した「ジャにのちゃんねる」

「ジャにのちゃんねる」は、2021年4月8日に開設された。

メンバーは、嵐の二宮和也、KAT-TUNの中丸雄一、Hey! Say! JUMPの山田涼介、そしてSexy Zoneの菊池風磨の4人。所属グループは全員異なっていて、いわばグループの垣根を越えた4人ということになる。

そもそもは二宮がYouTubeをやってみたいというところからスタートし、二宮自ら一緒にやるメンバーを集めるという流れだった。

そのプロセスは、動画でも公開されている。チャンネル名は菊池のアイデアをもとに4人の合議で決めたもの。いうまでもなく、ジャニーズの「ジャニ」と二宮の愛称である「ニノ」を掛け合わせたものだ。

動画の内容は多彩だが、ゲームやキャンプ、クイズにトーク、さらにメンバーの誕生日企画など、普段着の4人の姿を見せるようなものが基本だ。だから全体の雰囲気としては、ユルい。時にはハプニングもあり、コンサートや舞台、テレビ番組などではあまり見られないような、4人のリラックスした素の表情が見える楽しさがある。

そうして人気を集めた「ジャにのちゃんねる」は、2021年の4月29日には、YouTube国内史上最速でチャンネル登録者数200万人を突破。その後も順調に登録者数を増やし、2022年5月7日にはとうとう嵐の325万人を抜いて、ジャニーズの公式YouTubeチャンネルのトップになった。現在(2022年5月27日時点)の登録者数は328万人に達している。