働き盛りでがんになる――。あなたは想像したことがあるだろうか。国立がん研究センターの統計によると、2016年にがんと診断された約100万人中、20歳から64歳の就労世代は約26万人。全体の約3割だ。

だが、治療しながら働く人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上でどんな悩みがあり、どう対処しているのか。自分や家族、友人ががんになった際に一連の情報は役に立つはずだ。

2回「異常なし」診断後の肝臓がん「余命半年」

2020年2月、建設会社の松下産業で働く寺川達也さん(54)は、激しい腹痛に耐え切れず夜間の救急外来に飛び込んだ。

「食べても戻すようになり、やがて胃が痛くて我慢できなくなったんです。病院は歩いて行ける距離なんですが、痛くてタクシーで行きました。最初の診断では『大丈夫。胃薬を出します』と言われました」

だが、胃薬を飲んでも痛みはおさまらない。2週間ほど我慢を重ねた後、今度は救急車を呼んで駆け込んだ。超音波(エコー)検査もしてもらったが、再び「問題なし」の診断。

寺川さんは処方された胃薬が全然効かないことや、先月から飲み食いがほぼできないことなどを訴えた。腹水(胃や腸の間にある体液)が異常にたまっているとわかり、ようやく入院が決まった。