6月25日、伊勢崎(群馬県)で最高気温40.2℃を観測しました。全国で今年初めての40℃以上で、6月に40℃以上になるのは観測史上初めてです。

(外部配信先では天気図などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

地図上で、赤色の最高気温30℃以上の真夏日が全国的に多く、紫色の最高気温35℃以上の猛暑日の地点も関東を中心に多数あります。

真夏でも珍しいほどの危険な暑さ

沖縄と奄美以外はまだ梅雨明けしていなかったにもかかわらず、真夏でも珍しいほどの「危険な暑さ」に見舞われたのです。

<6月とは思えない暑さ>

東京は最高気温35℃以上で、観測史上最も早い猛暑日となりました。

全国64地点で猛暑日を観測。札幌は30.6℃で前日より9℃高く、真夏日です。

6月25日の最高気温ランキング(出典:weathermap)

最高気温ランキングの1位伊勢崎(群馬県)40.2℃、2位桐生(群馬県)39.8℃、3位佐野(栃木県)39.7℃など、関東を中心に記録的な暑さとなりました。伊勢崎(群馬県)で気温が40℃以上になるのは、2020年8月11日以来、2年ぶり2回目です。

そして、25地点は37℃以上で、体温を上回る気温が観測されました。

16位下館(茨城県)38.0℃、19位大田原(栃木県)37.8℃、今市(栃木県)35.9℃の3地点は、観測史上最も高い気温です。