ジャイアントパンダ、楓浜(ふうひん)のひとり立ち後の様子を紹介する後編。ひとり立ちに合わせて新設された遊具の特徴や、新居でのパンダの公開事情も伝えます。

前回:『和歌山のパンダ「ひとり立ち」と同時に引っ越す訳』

楓浜、新たなステップ

アドベンチャーワールドで生まれた1歳の雌のジャイアントパンダ、楓浜が新たなステップに進んだ。2022年6月上旬から、人が動物と同じ空間に入らないで飼育する「間接飼育」へ移行したのだ。

パンダは成長すると力が強くなり、牙や爪も鋭くなる。すると飼育スタッフがケガをする恐れがあるので、直接飼育から間接飼育に変える。その時期について、アドベンチャーワールドでは、パンダの体重が40〜50kgになったときを目安にしている。

楓浜は2020年11月22日に体重157gで生まれ、2022年5月下旬時点で55kgになった(参照:『和歌山「赤ちゃんパンダ誕生」5つの異例な事情』)。赤ちゃんの頃は、母親の良浜(らうひん)だけでなく、飼育スタッフにもじゃれついて、時には掃除のじゃまをしたことも。間接飼育になったので、こうしたことはもうない。

初公開の日の楓浜。「直接飼育」なのでスタッフが抱っこできた。2021年3月12日(筆者撮影)