もう何年も婚活をしていて、かなりの数のお見合いをしているのに、結婚できる相手に巡り会えない人たちがいる。そんな婚活者たちは、やり方に共通した問題点が見えてくる。

仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功物語をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、婚活疲れを起こしている人たちに向けて、なぜ婚活が成功しないのか。実例と共に考えていきたい。

持ち合わせている条件は素晴らしいのに、結婚できない人たちがいる。それは、“動かない人たち”だ。

女性でいうと若い頃にモテた経験があり、声をかけてもらえるのが当然だと思っているタイプ。みなみ(37歳、仮名)が、まさにそれだ。

条件がいいのに結婚できない人の特徴

有名私大を卒業し、大手メーカーに勤める会社員で、年収は700万円ほど。スラリとしていて、身長は165cmあるので、どんな服でもおしゃれに着こなせる。顔立ちはタレント並みの美人なので、学生時代や20代の頃は、男性から声をかけられることが引きも切らなかった。

今も会社では、年配の既婚男性から食事や飲みに誘われることが多い。

いつも男性から言い寄ってこられる立場にいるからか、婚活で男性と対峙したときに、自分が好かれるための行動を取ろうとしない。相手をほめたり、ご機嫌を取ったりするようなことができないのだ。

お見合いでも、写真よりかなり見劣りするような相手が現れると、それだけで最初から無愛想な態度になる。

あるとき、お見合いした相手の相談室から、こんなお断りの理由が来た。

「お見合いのときに、チラチラと自分がしている腕時計ばかり見ていて、早く帰りたい様子がありありとわかったそうです。そちら様もお断りだと思いますが、こちらとしてもご縁を感じなかったとのことでした」

美人で経歴もいいので、お見合いも組める。そんななかでお付き合いに入る相手もいる。しかし、相手から誘われて当然だと思っているので、自分から誘ったりはしないし、LINEの返信も遅い。