6月に開催されたWWDC(世界開発者会議)で披露された新OSのなかで、もっとも大きく変化するのが、iPadに採用されるiPadOS 16だ。とくに「M1チップ」を搭載するiPad ProやiPad Airは、iPadOS 16の恩恵が大きい。あたかもパソコンのように複数のウィンドーを同時に開ける「ステージマネージャ」に対応するからだ。これまでのiPadでも複数アプリを同時に開くマルチタスキングには対応していたが、画面分割などに配置方法が限定されていた。ステージマネージャの登場で、よりパソコンに近い操作が可能になる。

パソコンの操作性とiPadならではの機能が融合

11インチ前後のiPad ProやiPad Airで複数のウィンドーを表示させると、少々画面が狭く感じられるが、iPadOS 16ではディスプレーのピクセル密度を増やす機能に対応。これをオンにすると、表示は小さくなるが、1画面の情報量を増やせる。最大6Kの外部ディスプレーをつないでマルチディスプレー環境を作ることもでき、表示に関する機能も刷新された格好だ。

これだけでも十分大きなアップデートだが、iPadOSはベースがiOSなだけに、共通して進化している部分も多い。画像の自動切り抜き機能も、その1つだ。カメラや写真の文字認識機能も、日本語に対応する。こうした機能は、iPhoneでも便利だが、iPadの大きなディスプレーや上記のステージマネージャと組み合わせると、さらに利便性が高まる。ここでは、パブリックベータ版に基づき、その使い勝手をチェックしていこう。なお、画面は取材に基づく許可を得て使用している。