「パワハラが原因でうつ病になった」「職場で受けた仕打ちのせいで人と接するのが怖くなった」「就労が困難になり困窮した」……ブラック企業という言葉が定着して久しい日本社会では、こういった体験を見聞きすることは決して珍しくないだろう。

本連載ではそうしたハラスメントそのものについてだけでなく、まだ十分に語られてきていない「ハラスメントを受けた人のその後の人生」について焦点を当てる。加害者から離れた後の当事者の言葉に耳を傾けることで、被害者ケアのあり方について考えられると思うからだ。

今回インタビューに応じてくださったのは、パティシエールとして働いている佳奈さん(仮名・28歳)。美味しいお菓子を提供する職場とは思えない、流血を伴うすさまじい暴力にさらされた体験を伺った。

お菓子屋さんで日々「腹や腰を麺棒で叩く」暴力

――本日はよろしくお願いします。答えるのがつらい質問のときには、例えば「スキップ」などと言ってもらえればすぐ別の話題に切り替えますのでおっしゃってください。

ありがとうございます。そうさせてもらうかもしれません。

――では、簡単に経歴を教えてください。

私は製菓の専門学校を卒業後、22歳からパティシエール(※パティシエの女性名詞形)として働いています。パワハラを受けたのは、最初の勤め先のオーナーからでした。

彼はもともと、学生時代の私の修行先のお店の常連さんで、私が専門学校を出るタイミングでちょうど彼がパティスリーを開業することになり、オープニングスタッフとして声をかけられて就職したんです。

――つまり、最初から雇い主と労働者という関係性だったわけではないんですね。