「ペアローン」とはなにか、ご存じだろうか? 今や住宅ローンを利用した世帯のうち約3割が使用しており、マイホームを購入する共働き夫婦が利用するのは普通になっている。その実態やペアローンを利用する理由、利用するうえでの注意点などについて考えていこう。

パワーカップルの約7割がペアローンでマンション購入

今回注目した「ペアローン」とは、1つの物件に対して、夫婦それぞれが自分の収入に応じて住宅ローンを借りるというもの。ちなみに、ペアローンは夫婦に限らず、同居している親子などでも利用可能だ。

リクルートの「2021年首都圏新築マンション契約者動向調査」(2021年の1年間に首都圏で新築マンションの購入契約をした7289件が対象)によると、住宅ローンを利用した世帯のうち29.4%が、世帯主と配偶者(パートナー)の「ペアローン」だった。

これを共働き世帯に限定してみると、ペアローンの比率は半数近い46.9%にまで達する。なかでも、パワーカップルと言われる「世帯総年収1000万円以上」では、ペアローンが73.5%と極めて高い比率になった。

最近は共働き夫婦が増加している。若い世帯では、妻もフルタイムで働いて一定の収入があることから、2人でお金を出し合ってマイホームを買うというのは当たり前の流れだろう。