2022年3月からアメリカで“武者修行”中だったジャニーズグループ、Travis Japanの世界メジャーデビューが決定した。彼らは先日、アメリカの有名オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演して大きな話題になったばかりだ。今回のデビューの意味はどのようなものか? ジャニーズとアメリカの関係を振り返りながら、考えてみたい。

Travis Japanの徹底したスキル志向

Travis Japanは、通称「トラジャ」。結成は2012年だが、構成メンバーや人数に関しては何度か変遷があり、2017年から現在のメンバーによる7人グループになった。

彼らの特徴は、なんといってもダンスだ。グループ名の「Travis」は、マイケル・ジャクソンやレディー・ガガとの仕事でも有名なアメリカの振付師、トラビス・ペイン(Travis Payne)に由来するもの。トラビス自身が、ジャニーズJr.のなかから合宿などを経てダンスに優れたメンバーを選抜するかたちで誕生した。

結成後は、ミュージカル『PLAYZONE(プレゾン)』に出演。その後、嵐やKis-My-Ft2などのバックダンサーを務めた。2019年からは初単独主演となる舞台『虎者−NINJAPAN−』がスタートし、2021年には初の全国ツアーもおこなっている。

このように、Travis Japanは、舞台やステージを中心に活動を続けてきたグループだ。そのなかで、結成の原点でもあるダンスに磨きをかけてきた。

なかでも彼らの魅力としてよく挙がるのは、「シンクロダンス」である。キレが鋭いだけでなく、指先まで揃った一糸乱れぬダンスは、彼らの代名詞にもなっている。SMAPや嵐など歴代ジャニーズの名曲を新しいアレンジで見せるYouTubeチャンネル「+81 DANCE STUDIO」でも、そのパフォーマンスを堪能することができる。