ここ数年、芸能関連のニュースでよく目にするのが「○○が所属事務所を退所」という記事。特に俳優系の方々に多い印象を受けます。例えば最近では、岡田健史、山下リオ、賀来賢人、清野菜名、竹野内豊、伊藤英明などなど、ちょっと前には、米倉涼子、長瀬智也、山下智久、剛力彩芽などの「退所・移籍ニュース」が伝えられたのをご記憶の方も多いでしょう。

それぞれが、それぞれの事情によって決断したものでしょうが、やはり長年所属した事務所から離れるというのは、かなりの勇気がいることです。“名前を売り出す・浸透させる”という点では、所属事務所の力が大きいのは言うまでもありませんからね。

さて、そんなことをツラツラと考えていた筆者に、「今、連続ドラマの主演俳優を最も送り出している芸能事務所ってどこなんだろう?」という疑問が浮かんできました。以前「過去4年の連ドラ主演俳優」を調査した資料を、さらにアップデートしつつ、所属事務所に特化して調べてみました。以下、トップ10をカウントタウン形式でご紹介します。

※調査対象期間は、2018年4月〜2022年10月クールまでの約4年半。

※NHK、民放の地上波連続ドラマ、約560本(ダブル主演の場合は各々換算)

「連ドラ主演俳優」を送り出す芸能事務所ランキング

第10位:レプロエンタテインメント 8本

羽田美智子、真木よう子、内田理央、中村蒼、川島海荷などを抱える事務所です。これに加え、現在はフリーに転身した新垣結衣(一部、契約は継続)の活躍も大きく、トップ10入りです。

第9位:ホリ・エージェンシー 11本

ホリプロ系列のモデル事務所としてスタートしたホリ・エージェンシー。ここの主演作は大多数が、向井理と波瑠によるものです。

第8位:東宝芸能 14本

1963年設立、映画全盛期からの流れを汲む老舗事務所です。原動力となったのは、長澤まさみ、上白石萌音・萌歌姉妹、浜辺美波、福本莉子といった若手女性俳優です。これに加えて、『科捜研の女』(テレビ朝日系)という長寿シリーズで主演する沢口靖子の存在も大きいです。