フジテレビアナウンサーとして、僕の居場所はもうないのか──。

56歳でフジテレビを退職。定年まであと4年を残して、新しい船出をするはずだった笠井信輔さん。しかし、退職からわずか2カ月後にがんの告知を受けることに。

なぜ俺が。なぜこのタイミングでがんにならないといけないのか。被害者意識にさいなまれながら、どのように病気と向き合っていったのか。『とくダネ!』など華々しい活躍から一変し、笠井さんが見た世界とは──。

フジテレビで数々のワイドショーや情報番組を担当

子どもの頃から人前に出ることが好きだった。小学生の頃は、学級委員や児童会長を、中学生では生徒会長に自ら立候補し、つねに先頭に立って学校生活を盛り上げた。

とくに、「話すこと」には興味があった。きっかけは小学4年生のとき。近所の子ども祭りで司会をした際、周りから上手だと褒められたことは今でも覚えている。また中学時代は、生徒会長として全校生徒の前で挨拶をすると、校舎に響く自分の声がうれしかった。

高校生になると、すでに「笠井の話は面白い」と評判を呼び、文化祭では笠井さんの話を聞きたい生徒が殺到。教室に入りきらないほどの人気だったという。

その後、1浪して早稲田大学に入学。放送局でアルバイトをしながら、将来の就職先はテレビ局を考えた。そして、超難関の倍率をくぐり抜け、晴れてフジテレビへの就職が決定。1987年4月、フジテレビアナウンサーとして華やかにスタートをきった。時代はバブル絶頂期だった。

笠井さんはフジテレビに入社以降、数々のワイドショーや情報番組を担当した。その中でも笠井さんの代表番組の1つ、『情報プレゼンター とくダネ!』を任されたのは35歳のとき。

メインキャスターの小倉智昭さんと共に番組をスタートし、その後20年にも及ぶ長寿番組となった。番組は長きにわたり視聴率1位をキープ。笠井さんが歯切れよく話を展開する姿は、今でもたくさんの読者の脳裏に残っているだろう。