安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件の背景には、「宗教」の影があった。10月3日発売の週刊東洋経済は「宗教 カネと政治」を特集。「信教の自由」という厚いベールに閉ざされた裏側をあらゆる角度から解剖した。


「東洋経済オンライン」では宗教2世に関するアンケートを実施した。宗教2世とは、特定の信仰や信念をもつ親・家族の元で育った世代のこと。アンケートでは853人(10月4日時点)から回答を得た。そのうち774人は2世本人からの回答だ。

親・家族の信仰によって、社会生活での支障や苦痛を感じたことがあるかという質問に対して、78%の2世があると回答。アンケート回答者のうち、という条件はつくが、教団内の同調圧力により声を上げにくい位置に置かれた2世信者の実態が浮かんだ。

具体的に苦痛を感じたこととして、最も多い回答が「信仰を強制される」だった。「親が布教活動をする。自分が布教活動をさせられる」が次に多かった。

2世への虐待につながる行為としては、むちで暴力を与えるといった身体的な虐待もあれば、親が信仰に入れ込むことによって育児放棄(ネグレクト)が起こることもある。また幼少期から脱会したり信仰心がなかったりすると「地獄行きだよ」などと恐怖を刷り込み、精神と行動を縛ることは「霊的虐待」にあたると捉えられる。