これまでの奨学金に関する報道は、極端に悲劇的な事例が取り上げられがちだった。しかし、さまざまな要素が絡まっている以上、制度の是非を単体で論ずるのはなかなか難しく、また「借りない」ことがつねに最適解とも言えない。そこで「奨学金を借りたことで、価値観や生き方に起きた変化」という観点で幅広い当事者に取材。高校生が今後の人生の参考にできるようなリアルな事例を積み重ねていく……。

そんな想いで始まった連載「奨学金借りたら人生こうなった」が『奨学金、借りたら人生こうなった』として書籍化され、10月30日に発売となる。本書では、連載で話題となったライフストーリー14編のほか、「奨学金報道変遷」「奨学金識者対談」「現役大学生座談会」から成る、約100ページもの書き下ろしを収録した。

本稿では書き下ろしの1つである「現役大学生座談会」から一部抜粋・加筆して前後編でお届けする。

現在進行形で奨学金を借りている現役大学生の座談会

奨学金を借りたことで人生がどのように転ぶかは、その者の行動次第である。

そして、奨学金を借りる/給付してもらう人の数と支給額は年々増え続けているが、学費の上昇、仕送り額の減少など、学生を取り巻く環境はますます過酷になっている。

そこで、本稿では現在進行形で奨学金を借りている現役大学生の座談会を実施。奨学金に対する思いや体験談を聞いていきたい。

[座談会参加者]
A…地方国立大学の理系学部、男子4年生
B…地方私立大学の看護学部、女子4年生
C…地方医療専門学校の理学療法学科、女子2年生
D…都内私立大学の文系学部、男子3年生