いま、日本は100年に一度の大きな転換期を迎えています。子どもの数が減り、寿命が伸び、テクノロジーの進化で私たちの働き方が大きく変わろうとしている――この時代における「新しい生き方」のロードマップを示したのが、社会現象にもなった「ライフシフト」です。

「人生100年時代(多くの人が100歳まで生きることを想定した時代)」においては、私たちは想定よりももっと長いキャリア人生を歩むことになるかもしれません。だとするならば、そこには「強制された道」ではなく「ワクワクするような選択肢」があるはずです。その考え方の転換こそが「ライフシフト」なのです。

本稿では、『まんがでわかる LIFE SHIFT2』から一部を抜粋し、働き盛りのビジネスパーソンが歩む「ひとつのシナリオ」をご紹介します。

まんがの主人公「平野」は、働き盛り35歳のビジネスパーソン。前回の話ではマイホームを買った直後に会社から転勤を持ちかけられ、大いに戸惑ったものの……まわりの人々の経験に目を向けると意外なことがわかってきました。

著者:アンドリュー・スコット,リンダ・グラットン,星井 博文,岡田 鯛