12月3日に公開を控えるアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』が大きな話題を呼んでいる。

現在、30代後半以上で1990年代に『週刊少年ジャンプ』の愛読者だった男性読者には説明不要だろう。湘北高校バスケットボール部を舞台にバスケットマン・桜木花道の成長やチームの快進撃を描いた漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」が最新技術で蘇るのだ。

原作者の井上雄彦氏が監督・脚本を担当するのもあってか、心待ちにしているファンも多いはずだ。週刊少年ジャンプでの連載が1990年から1996年で、連載終了から実に26年も経っている。

映画公開に先駆けて、今年11月8日に集英社ムックから発売された「『SLUM DUNK』ジャンプ」は、Amazon売れ筋ランキングの上位をひた走り、全国の書店・コンビニなどに届けられた。往年のファンも、連載当時を知らない若い世代も興味津々である。

長い時を経ても、『SLAM DUNK』がこれほどまでに愛されてやまないのはなぜだろうか?キャラクター、ストーリー、テーマといった面から考えていきたい。

(※ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください)

魅力あふれるキャラクターたち

スラムダンクを語るうえでは、やはりキャラクターという視点が大切になるだろう。伝説的に語り継がれるのは、主人公を含む湘北高校のメンバーが魅力的だからというのは間違いない。

以下、メンバーを確認していくと、

桜木花道(さくらぎ はなみち):主人公。高校入学後、赤木晴子に惚れたことがきっかけでバスケを始める。
赤木晴子(あかぎ はるこ):ヒロイン。バスケ部の流川に想いを寄せている。
赤木剛憲(あかぎ たけのり):バスケ部主将。赤木晴子の兄。
流川 楓(るかわ かえで):桜木と同じ1年。中学時代からスタープレイヤー。
三井 寿(みつい ひさし):中学時代は天才シューターと呼ばれたが怪我で挫折。不良となり離脱するも復帰する。
宮城リョータ(みやぎ りょーた):小柄だが運動神経抜群。マネジャーの彩子に想いを寄せている。
木暮公延(こぐれ きみのぶ):バスケ部副主将。赤木とは中学時代からのチームメイト。花道のよき理解者。
安西光義(あんざい みつよし):湘北バスケ部監督。かつては鬼コーチと呼ばれたが、今は仏の安西と言われている。

安西先生とヒロインの赤木晴子を除いた6人がコートに立つ湘北チームになるわけだが、ここでキャラクターとしての役割に目を向けてみたい。