料理の腕を上げるために、まず作れるようになっておきたいのが、飽きのこない定番料理です。料理初心者でも無理なくおいしく作れる方法を、作家で料理家でもある樋口直哉さんが紹介する『樋口直哉の「シン・定番ごはん」』。今回は、これから旬を迎える冬キャベツを使った「ロールキャベツ」です。

切った鶏もも肉をキャベツで包んで蒸し煮に

スーパーの野菜売り場に冬キャベツが並ぶ季節です。今日はキャベツ料理の定番、ロールキャベツを作っていきます。

とはいえ、ご紹介するレシピはおなじみの洋食スタイルではなく、切った鶏もも肉をキャベツで包んで蒸し煮にするだけのシンプルスタイル。マスタードを添えると深い味わいの料理に仕上がります。

鶏肉のロールキャベツの材料
鶏もも肉        300g程度
キャベツ        大きめの葉4枚
塩           小さじ1/2
ローリエ        2枚(あれば)
黒こしょう       適量
ディジョンマスタード  適量(あれば)

材料は極めてシンプル。キャベツで肉や魚を巻く手法は各国の料理で見られます。日本では挽肉が定番ですが、じつはサーモンや鶏肉などを包んでもいいのです。

鶏もも肉とロールキャベツ 残ったキャベツはラップで包んで冷蔵庫で保存してください