前回は、はやりのLUUPの実力を試すべく、渋谷周辺の100カ所のポート(LUUPが置いてある場所)を巡った様子をレポートした。

関連記事:話題の「LUUP」徹底的に調べてわかった"実力"

今回は、その結果見えてきた、LUUPの特長や問題点、その可能性について考えてみたい。

それぞれ、「システム」「機械そのもの」「ポート」「利用者マナー」について見たあとで、LUUPの可能性を考えてみたい。

便利なシステムと、ポートごとの機体のバラツキ

まずは、LUUPのシステムについて。

使って思ったのは、とにかく、利便性が高いことだ。

特に都内の場合、隣り合った街でも、電車や地下鉄を利用する場合、余計な時間がかかることがある。電車を使わない場合はタクシーなどを使うことになると思うのだが、それはお金がかかりすぎてもったいない。そうした場合に、LUUPをはじめとするシェアリングサービスは非常に効果的だ。