2020年9月14日から2021年10月4日まで、第99代総理大臣を務めた菅義偉(すが・よしひで)氏。体調不良を理由に辞任を表明した安倍晋三・元首相に代わって、安倍氏の懐刀だった官房長官から首相の座へと就いた。

在任中は新型コロナウイルス感染症との闘いに明け暮れた1年だった。未知のウイルスをどう抑え込んでいくか──。次々と手を打って収束したと思っても何度も繰り返される感染の大きな波にのみ込まれて、就任時に圧倒的に高かった内閣支持率は急降下。次期総裁選には出馬せず、任期満了とともに首相を退任した。

コロナ対策の舵取りにおいて政権への批判を前面で受け止めた一方で、菅・前首相は欧米諸国に対して出遅れていたワクチン接種を一気に進めて日本の接種率は世界でもトップクラスの8割近くまで向上。2021年秋から冬にかけて一時、新規感染者数は急減した。首相在任時には携帯電話料金の値下げやデジタル庁の創設、不妊治療の保険適用、カーボンニュートラルなどの政策を次々と打ち出し、その手腕を評価する声もある。

首相在任時とその前後をどう振り返り、いま何を思うのか。退任から3カ月余りの菅氏が独占インタビューに応じた。前後編にわたってお届けする。

「ワクチンをありがとう」政治家冥利に尽きた

塩田潮(以下、塩田):2021年10月31日の衆議院議員総選挙は首相退任の1カ月後の選挙でした。有権者の反応をどう受け止めましたか。

菅義偉・前首相(以下、菅):総理大臣が終わった直後の選挙でしたから、辞めた後は何をやるんだろうということで、期待感は当然、薄れていると思っていましたが、選挙での反応はまったく違っていました。街頭遊説でも、集まってくれた人がものすごく多かった。内閣をあげて新型コロナウイルスのワクチンを用意したことについて、「ワクチンを、ありがとう」とわざわざお礼を言いにきてくれた人が非常に多くいました。政治家冥利に尽きましたね。

塩田:首相就任は2020年9月でした。安倍晋三・元首相の突然の辞任の後、後継選出の自民党総裁選挙で政権を手にしましたが、首相に、という考えはどの時点で持ちましたか。

:正直に言うと、政権はやっぱり総理大臣を目指してきた人が担うべきだというのが自分の考え方でした。私は田舎から出てきて、地方議員の後、国会議員となった。将来は総理大臣に、と目指してきたかというと、そうではありませんでした。官房長官の仕事をやっている中で、コロナが襲った。総理大臣を、というのは、すべてはコロナ対策ですよ。