ちょうど1年の短命政権で第99代内閣総理大臣を退任した菅義偉氏。コロナ対策で最大の成果は日本国民の8割近い接種率となったワクチン接種だ。そして首相を辞めた後、政治家として何を目指しているのか。「菅義偉が明かした『首相在任時』の決断・葛藤・成果」(1月15日配信)に続いて、独占インタビューの後編をお届けする。

コロナとの戦いに明け暮れた1年だった

塩田潮(以下、塩田):政権担当は1年で終わりました。今、首相在任中の1年を振り返って、全体として「菅政治」をどう総括していますか。

菅義偉・前首相(以下、菅):いずれにしろ、コロナとの戦いに明け暮れた1年だったと思います。私自身、政治家となってこれまで、外で人と会って食事をしたりして、情報収集しながら政治を行ってきたのですが、2020年の12月以降は、それがゼロでしたから。

顧みると、やはり2021年の7月いっぱいで高齢者の約8割近くの人が2回のワクチン接種を終えることができた。デルタ株の騒動の中で、厚労省が「結果として、10万人を超える人たちの感染を防ぎ、8000人を超える人の命を救った」と発表しています。繰り返しになりますが、思い切ってワクチン接種を進めてよかったなと思います。皆さんが協力して、一致結束して2回の接種を終えることができた。

2021年6月の党首討論のとき、「コロナはいつ終わるんだ。先が見えないじゃないか」と言われました。一瞬、どうしようかな、と思ったけど、自分で計算して「10月から11月にかけて終える」と答えた。ワクチン接種も順調に進んでおり、その調子で増えていけば達成するだろうという目算でしたが、7月の進み具合がものすごくよかったから、予定どおり行くだろうと思いました。

塩田:2021年の10月以降、このインタビューの2021年12月22日まで、そのとおりの展開ですが、その要因はどういう点だと思いますか。

:1つは国民性があると思います。日本では、マスクをして3密を避けるなど、国民の皆さんが基本的なことをきちんとやってくれました。それと、医療関係の皆さんを始め、国が総力を挙げてワクチン接種に取り組んだ結果だと思います。

海外の場合は「7割の壁」というのがあります。イスラエルとかアメリカとか、6割ぐらいまでは早くいったけど、7割をなかなか越えられない。宗教の問題もあるかもしれません。日本はそのままの勢いで突き抜けて8割までいきましたから。