アメリカ経済は景気後退懸念まで出ていたはずだが、物価の落ち着きとともに、ソフトランディングの様相となっている。10月23日に一時5%を突破した同国の10年債利回りも、11月22日には4.365%を付けるまでになっている。

さらに恐怖指数と呼ばれるVIX指数も同じく10月23日に23ポイント台を付けた後はじりじりと低下し、11月24日には12ポイント台半ばで落ち着いている。しかも短期的上下動の激しい同指数にしては、これだけ長く、大幅に低下を続けることは極めて珍しい現象だと言える。

クリスマスラリーの条件とは?

これにより、アメリカでは再び適温相場(ゴルディロックス)を予想するファンドも増えてきた。そして目先の動きで期待されているのがクリスマスラリー(12月下旬までの上昇相場)だ。

そのためには主要3指数が年初来高値を更新するのが前提だが、年初来高値までの距離感を24日の引け値から見てみよう。

まず、NYダウの年初来高値は3万5630.68ドル(8月1日)だが、24日は3万5390.15ドルで、年初来高値まで240.53ドル(0.68%)となる。次にS&P500種指数の年初来高値は4588.96(7月31日)、24日4559.34、年初来高値まで29.62(0.65%)。最後にナスダック総合指数の年初来高値は1万4358.01(7月19日)、24日1万4250.85、年初来高値まで107.16(0.76%)となる。すべて「たったひと吹き」の距離だ。