気象庁によると、2月5日(月)から6日(火)にかけて、低気圧が発達しながら本州の南岸から日本の東へ進むため、関東甲信地方では、5日昼過ぎから6日午前中にかけて広く雪や雨が降り、山沿いや山地を中心に大雪となるほか、予想より気温が低くなった場合には、平地でも警報級の大雪となる可能性があるとして、積雪や路面凍結による交通障害に警戒するよう呼びかけています。

高速道路各社局は、2月5日以降、関東地方の広域で降雪による通行止め可能性があると発表しました。並行する国道も同時に通行止めとなる可能性があること、降雪状況によっては早めに通行止めを行う場合もあるとしています。

国土交通省などは荒天予報を受け、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。やむを得ず外出する際には、必ず冬用タイヤ装着およびタイヤチェーン携行などの冬装備をした上で、最新の気象情報や道路交通情報などを確認し、広域迂回および現場指示に従ってください。
高速道路では、1台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながる可能性があります。ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。