気持ちのよい晴れの日は、洗車にもよいと思えるかもしれませんが、晴天時の洗車は実は、クルマを傷めてしまうことも。晴れの日よりもむしろ、くもりの日の方が洗車に適しているといいます。なぜでしょうか。

炎天下ではボディーに「シミ」 その意外な正体

 気持ちのいい晴れの日、せっかくだから洗車しようという気になるかもしれません。

 しかし、こうした晴れの日は、じつは洗車に向かないといわれます。ボディーが熱くなるため、水やワックスが早く乾いてしまい、水シミやワックスのムラが残りやすいといった理由が聞かれますが、実際のところはどうなのでしょうか。洗車に関する技能や知識などについての資格「洗車ソムリエ」の検定試験を行う、日本洗車ソムリエ協会に聞きました。

――洗車に最も適しているのは、どのような天気や時間帯なのでしょうか?

 風のないくもりの日の夕方です。日中は水の乾きが早いため、洗車中の水を落とす前に水が干上がってしまい、ボディーに水シミ(ウォータースポット)が残るなどして、塗膜にダメージを与えることがあります。これは、洗車に利用する水道水の水質によっても違い、例えばカルキ(石灰)が強い水道水だと、たとえば電気ポットのなかに白い筋ができるのと同様に、水が蒸発するとそのカルキ分が白いシミになって現れます。井戸水が水道水に使用されている地域では、その水に含まれるサビが蒸発時にボディーへ残り、茶色いシミになります。

 一方、雨水はウォータースポットが残りにくいので、雨の日の洗車もある意味で正解ですが、これも地域によって異なります。たとえば工業地帯のような場所であれば、工場から出る煙などの成分が雨水にも含まれており、それがやはりボディーに残ることもあります。

――たとえば夏の炎天下のような、くもりの日の夕方と真反対の条件は、やはり洗車には不向きなのでしょうか?

 最も不向きです。直射日光だけでも塗装を傷める原因になるだけでなく、洗車することで余計クルマを傷めるようなものです。

肝は「時短」 手順は「上から下に」

――自宅で手洗いするのと、ガソリンスタンドなどで洗車機を利用するのとで、向き不向きの日に違いはありますか?

 特に違いはありませんが、洗車機は短時間で済み、さらに強い風で水滴を吹き飛ばす「ブロー」もできるので、ボディーの表面に水が残りにくいといえます。手洗いは一般的に、洗車機と比べて水量は少なく済むものの、そのぶん時間が長くなりますので、お話しした通り水の蒸発によって汚れが残る可能性は高くなります。手洗いの場合は、市販の高圧洗浄器を使うなどして、少ない水量で素早く済ませるほうがよいでしょう。

――季節ごとに注意すべき点はありますか?

 春は空気中に砂や黄砂が多く飛んでおり、クルマにもそれらが多く付着していますので、そのままスポンジなどでこするような洗浄をするとボディーに傷が付きやすくなります。まず、ボディーの砂を高圧洗浄機などで上から落としていくほうがよいでしょう。また冬は、ボディーに残った水に霜が付いたり、凍ったりすることがあるので、やはり短時間で済ませ、かつ水分をなるべく飛ばしておくのがポイントです。

※ ※ ※

 日本洗車ソムリエ協会によると、洗車する手順も重要とのことで、「全て手洗いする場合は、『上から下へ』が基本です。屋根から始め、最後に下回りを洗います。円を描くように拭くのではなく、たとえば屋根の左側からバンパーの左側にかけて一方向に拭き、一方向に水を流すようにするのがベスト」だといいます。

 愛車はじっくりと時間をかけて洗車したい、という人もいるかもしれません。しかしそれは、洗車中の水を洗い流さないうちに乾いてしまったり、風が運んでくる砂などが付着したりして、逆効果になることも。「早く済ませるに越したことはない」(日本洗車ソムリエ協会)のだそうです。

【写真】洗車でできる「ウォータースポット」とは?