冬は山陽へ!

 JR西日本は2020年9月18日(金)、長距離特急列車「ウエストエクスプレス(WEST EXPRESS)銀河」について、12月以降の関西〜山陽間での運行概要を発表しました。

「ウエストエクスプレス銀河」は、9月11日(金)から京都・大阪〜出雲市間で夜行特急列車として運転されていますが、12月以降は大阪〜下関間を昼行特急列車として走ります。運転時刻や停車駅は次のとおり。

●下り
・大阪7時20分頃発→下関19時45分頃着
・途中停車駅:三ノ宮、神戸、西明石、姫路、岡山、倉敷、福山、三原、西条、広島、宮島口、岩国、徳山、新山口、新下関

●上り
・下関10時40分頃発→大阪22時30分頃着
・途中停車駅:新下関、新山口、防府、徳山、柳井、岩国、宮島口、広島、西条、三原、福山、倉敷、岡山、姫路、西明石、神戸、三ノ宮

 運転期間は12月12日(土)から2021年3月までで、週2往復程度運行される計画です。

 なお、JR西日本は今回の発表内容について、新型コロナウイルス感染症の今後の状況により変更となる場合があるとしています。