普通の貨物機と何が違うの? なんで人気なの? とは思いますが…

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは2020年9月20日(日)、737-800BCF(ボーイング・コンバーティッド・フレイター)型機の改造拠点を、中国の広州に設置すると発表しました。

 737-800BCF型機は、同社の主力機のひとつ、737-800型機の旅客型を貨物型へと改造したモデルです。ボーイングによると、BCF型機に、つまり貨物機に改造することで20年以上寿命を延ばすことができるとのこと。日本の航空会社では2020年9月現在、ANA(全日空)が767型機のBCFを使用しています。

 737-800BCF型機は最大23.9tを搭載でき、3750kmの航続距離を持ちます。おもに国内または短距離路線でエクスプレス貨物を運ぶために使用され、36機が航空会社に納入されています。

 広州の737-800BCF改造拠点は、2021年初頭にオープンする予定で、中国南方航空とハチソンワンポア(中国)の合弁会社で航空機メンテナンス事業(MRO)を手掛ける、広州航空機整備技術公司(GAMECO)により設置されます。

 なおボーイングによると、現在737-800BCFはコミットメントを含めて134機の受注を獲得しているといいます。

動画でサッと見る「BCF」ができるまで