JR渋谷駅の玉川改札が閉鎖されました。隣接する東急百貨店西館の通路もあわせて閉鎖され、新しい連絡通路「しぶにしデッキ」「渋谷フクラス接続デッキ」の供用が始まっています。

東急東横店西館の通路も閉鎖

 JR渋谷駅の玉川改札が2020年9月25日(金)の営業終了後、閉鎖されました。

 玉川改札は山手線外回り(1番線)のホームに直結している改札です。渋谷駅周辺では再開発が進んでおり、2020年3月には駅隣接の東急百貨店東横店が閉店。今回は玉川改札とともに、東急東横店西館の建物内通路も閉鎖されました。西館の建物は解体工事に着手される予定です。

 改札と通路の閉鎖後、26日(土)の早朝4時40分から、西館を取り囲むように造られた新しい連絡通路「しぶにしデッキ」「渋谷フクラス接続デッキ」の供用が順次始まりました。JR線と京王井の頭線や複合施設「渋谷マークシティ」、駅と複合施設「渋谷フクラス」が地上2階の高さで結ばれています。