信号のない環状の交差点「ラウンドアバウト」を、高速道路IC付近に設けるケースが増えています。円形構造の道路を設けることで様々なメリットがありますが、一部「ラウンドアバウトっぽい」道路も存在します。

なかには「ダブル」も 高速道路IC付近のラウンドアバウト

 ヨーロッパを発祥とする信号のない円形の交差点「ラウンドアバウト」。2014(平成26)年9月の道路交通法改正によって「環状交差点」の名でその通行ルールが定められて以降、2020年春には全国100か所以上まで導入されましたが、これを高速道路ICの近くに設けるケースも増えています。

 最初に設けられたのは、東海環状道の鞍ヶ池スマートIC(愛知県豊田市)です。こちらは、内回り側と外回り側のPAに付属した料金所から、それぞれランプウェーがラウンドアバウトへ伸び、ラウンドアバウトから県道までは1本のアクセス道路が通じているという構造です。

 地元の豊田市によると、ラウンドアバウトの交差点は開通後に大型車対応のため改築したこともあり、通常の交差点よりも規模は大きいといいますが、信号もなく交通の処理がスムーズな点がメリットだといいます。

 2018年に開通した山陰道の大田朝山IC(島根県大田市)には、「ダブルラウンドアバウト」なるものが日本で初めて設置されました。ここは掘割構造の山陰道本線から、スロープ状のランプウェーが本線をまたぐ県道の陸橋に接続していますが、この陸橋の両端にラウンドアバウトを2つ並べて設置したのです。

 国土交通省 松江河川国道事務所によると、このダブルラウンドアバウトは進入時のスピード抑制と、逆走防止という安全対策に主眼が置かれています。高速道路を利用せず県道を通過する場合、それぞれのラウンドアバウトを半周する必要がありますが、ラウンドアバウトをひとつにしようとすると、陸橋上で大きな面積を取ることになるため「ダブル」にしたということです。

ラウンドアバウトっぽいけど、そうではないものも

 このほか、新東名高速で2021年夏に開通する予定の新磐田スマートIC(静岡県磐田市)でも、以前からラウンドアバウトの導入が発表されています。また、2020年9月26日(土)に開通したばかりの圏央道 厚木PAスマートIC(神奈川県厚木市)でも、ラウンドアバウトに似た円形構造の道路が設けられています。

 しかしNEXCO中日本によると、これらは厳密にはラウンドアバウトではないとのこと。

 厚木PAスマートICの場合は、外回りの料金所近くに円形構造の道路が設けられていますが、厚木市によると、円形道路に入る際に一時停止が必要なのだとか。ラウンドアバウトの場合は、「環道(円形道路)へ左折で徐行して進入、環道からは左折で流出」「環道内は時計回り(右回り)で進む」「環道内を走行している車が優先」といった交通ルールがあり、一時停止は原則不要になっています。

 なお、前出した鞍ヶ池スマートICも2008(平成20)年、ラウンドアバウトの交通ルールが定められる以前に社会実験の位置づけで設けられたため、当初は一時停止が必要でした。2011(平成23)年から特例的に一時停止不要となり、2014(平成26)年9月に道路交通法が改正されたことで、正式にラウンドアバウトになったという経緯をたどりました。

 ただ、ラウンドアバウトの交通規制を敷くか否かに関わらず、IC付近に円形道路を設けるメリットは多いとNEXCO中日本は話します。

 ひとつは、誤って高速道路へ進入した、あるいは流出したクルマの転回路が確保できること。また、流入ランプと流出ランプがT字路で交差するような箇所で、安全確保の観点を踏まえ円形構造にしているものがあるといいます。新磐田スマートICがこれに当たるということです。

 NEXCO中日本は、「誤進入車両の円滑な転回や、安全対策、スマートICのコンパクト化などについて、箇所ごとに適切な構造となるよう関係機関と連携して検討しています」としています。