「自動運転技術を教習に応用」なるほど!

 福岡県で南福岡自動車学校を運営するミナミホールディングス(福岡県大野城市)らが、自動運転技術を活用した「AI教習システム」を開発、それを使った技能検定などのデモを2020年9月28日(月)に行いました。

 このシステムは、自動運転ソフトウェアなどを開発するティアフォーと、学生ベンチャーのブレインフォー、そしてミナミホールディングスが約3年をかけて共同開発したもの。車両位置や周辺環境、ドライバーの動きなどを読み取ることができる自動運転技術を用いて、ドライバーの運転技能をAI(人工知能)が評価します。

 運転技能検定では、教習所内の決められたコースを走行し、システムがドライバーの運転技能を定量的に評価。運転技能教習では、教習生のなかでも苦手とする人が多いというS字走行を、指導員に代わってAIが音声や画像で指導しました。

 いま教習所では、人材不足による指導員の負担増もあり、運転免許教習や高齢ドライバー向け運転技能検定の受け入れが難しくなっているとのこと。これにより、指導員の負担軽減を図るだけでなく、これまで担当指導員ごとに生じていた評価のばらつきの解消も期待できるといいます。

 今後はまず高齢者やペーパードライバー向けの教習、企業研修へAI教習システムを導入し、教習所構内において実証を重ねるとのこと。その実績と、これまでティアフォーが蓄積してきた公道における自動運転実証実験の経験を基に、教習所構外にも対応する予定だそうです。本格的なサービス開始は2021年春頃の予定ということです。