空中給油中に接触したとのことです。

 アメリカ海兵隊のF-35B「ライトニングII」戦闘機が墜落しました。

 墜落したのはアメリカ海兵隊の第3海兵隊航空団所属機と見られます。同航空団の公式Twitterアカウントが日本時間2020年9月30日(水)午前10時10分(現地時間29日18時10分)にツイートした内容によると、当該機は同日16時ごろ南カリフォルニアにて、KC-130J空中給油機との空中給油中に同機と接触、墜落したといいます。

 なお墜落機のパイロットは脱出に成功し現在治療中、KC-130Jはカリフォルニア州サーマルの空港にあって乗組員全員の無事が確認されているそうです。

 接触の原因は現在調査中とのことです。

 F-35B「ライトニングII」戦闘機は、3タイプあるF-35のなかでも短距離離陸、垂直着陸が可能なタイプで、自衛隊がいずも型護衛艦への搭載機として導入する予定です。