路面電車を除き、東京都内の地上鉄道で最短の駅間距離である東急池上線の五反田〜大崎広小路間は、なぜ至近に駅があるのでしょうか。歴史を見ると、いまは無き始終点駅も関連した、同線の生い立ちが分かります。

五反田〜大崎広小路間 路面電車などを除き都内の地上鉄道で最短駅間

 都心近くの鉄道路線で異彩を放っているもののひとつが、東急池上線の五反田〜大崎広小路間でしょう。

 池上線の五反田駅ホームは、JR山手線ホームのはるか上、吹きさらしともいえる場所にあり、そこから3両編成の電車が出発します。のろのろと走りだしたと思ったら、すぐに大崎広小路駅(東京都品川区)に到着。駅間は300mほどしかありません。

 筆者(内田宗治:フリーライター)はこの大崎広小路駅のすぐ近くで生まれ育ちました。昭和の終わり頃まで住んでいたのですが、その時代、地元民や近くにある立正大学の学生で、五反田〜大崎広小路間の1駅を利用する人は、絶無といってよい状態でした。現在のように大崎広小路駅に高架ホームへのエレベーターはなく、五反田駅での池上線と山手線ホームを結ぶエスカレーターもありませんでした。長い階段を上り下りするくらいなら、短い駅間を歩いた方がましだと皆が感じていたようです。

 筆者など当時の小学生にとって、ゆっくり走る五反田〜大崎広小路間の池上線の電車は、見かけたら並行する道を駆けだして競走する、遅くて古い電車といった存在でした。同区間は営業キロで0.3kmしかなく、東京都内の地上鉄道(都電・東急世田谷線は除く)で最も短いのです。なぜこんな至近に駅があるのでしょうか。

五反田駅からたった300mの場所になぜ駅があるのか

 都内で駅間距離が短い例では、0.5kmの区間として、山手線の日暮里〜西日暮里間、京王井の頭線の渋谷〜神泉間、西武新宿線の都立家政〜鷺ノ宮間、京急本線の青物横丁〜鮫洲間、東急大井町線の荏原町〜旗の台間、大岡山〜緑が丘間、尾山台〜等々力間が存在しますが、やはり五反田〜大崎広小路間が断トツの短さです。

 ほかにも、JR新宿駅の5・6番線ホーム(特急「成田エクスプレス」などが発着)の南端と山手線の代々木駅の北端とは目と鼻の先、120mくらいしか離れていないのが気になります。こちらが最短駅間だと感じる方もいるでしょう。ですがこれは新宿駅5・6番線ホームが同駅山手線ホームより代々木寄りにずれているためで、山手線ホームどうしでは、400mくらい離れています。営業キロでは代々木〜新宿間は0.7kmです。

 大崎広小路駅が五反田駅から至近に位置するのは、かつて五反田〜大崎広小路間が未開通で、大崎広小路駅が池上線の始終点だったことに関連します。当時、山手線から池上線に乗り換えるには五反田駅から大崎広小路駅まで歩かなければならかったわけで、大崎広小路駅は電車が発着するごとに、それなりににぎわったことでしょう。

 池上線は池上電気鉄道という会社により開業しました。現在の東急目黒線などを開業させた目黒蒲田電鉄とはライバル関係の会社でした。

 目黒蒲田電鉄は、東急グループの創始者となる五島慶太による経営で、沿線の不動産開発も計算して都心に近い山手線の目黒駅から郊外へと、順調に路線を開業させていきました。

いま無きもうひとつの始終点駅と、五反田駅が高所にある理由

 一方の池上電気鉄道は、土地買収の難航などから、まずは1922(大正11)年に蒲田〜池上間(1.8km)を開業するにとどまります。当時は郊外だった区間なので乗客は少ないうえ、資金不足によりなかなか五反田駅まで延ばせません。1927(昭和2)年8月には、五反田駅の手前約1kmの桐ヶ谷という、何とも中途半端な場所まで線路を延ばし始終点としました。現在の戸越銀座〜大崎広小路間に駅が設けられましたが、付近のめぼしい施設は当時、桐ヶ谷火葬場と数か所の工場だけでした。

 その後、同年10月に大崎広小路まで延伸、そこから先は全線が高架で人家も密集しているため工事は難航し、1928(昭和3)年6月、やっと五反田まで開通の日を迎えました。

 五反田駅ホームを高い所に造ったのは、山手線をまたいで都心方面へ向かい、白金猿町(現・都営浅草線の高輪台駅付近)を経て品川駅まで建設する計画のためでした。当時、銀座方面から白金猿町まで市電が走っていて、池上電気鉄道はそれとの乗換客を想定していました。

 池上線の品川延伸計画は、京浜電鉄(現・京浜急行)の青山線計画(品川〜白金猿町〜青山間)との調整、東京市電の五反田延伸(1933年)などにより、実現せずに終わります。

 そして1934(昭和9)年、池上電気鉄道は目黒蒲田電鉄に吸収合併されてしまいます。大崎広小路駅は、五反田延伸までの暫定駅的な性格が強かったので、もし池上電気鉄道の経営者にもっと手腕があり、現在の東急目黒線のように山手線接続駅(五反田駅)側から建設していたら、大崎広小路駅は同地に造られなかったでしょう。

 ちなみに、もうひとつの始終点駅だった桐ヶ谷駅は、太平洋戦争末期に空襲で焼失し、1945(昭和20)年7月、休止(事実上廃止)の運命をたどりました。

 特異な駅間が存在するのには、やはり様々な歴史があるわけです。