成田空港では、3本の管制塔が並ぶ様子を見ることができます。やけに多い管制塔の数に関係するのは、国内では成田のみが採用する「ユニークづくし」な航空管制の運用です。3本体制となるまでの経緯を見ていきます。

着陸後の指示は「グラウンド」が実施するのが一般的だが……

 成田空港では、2020年9月現在、管制塔が3本並ぶ様子を見ることができます。

 旅客機は、出発から到着まで、パイロットの独断ではなく、航空管制官のコントロールのもと動きます。そしてそのやり取りは「エアバンド」とよばれ、一般的に無線機を介して聞くことができます。管制官はステップごとに担当分野が分かれています。

 たとえば着陸でいえば、降下時には、その空港の「アプローチ(入域管制)」をと無線でやり取りしたのち、滑走路周辺の航空機を管轄する「タワー(飛行場管制)」の指示のもと着陸、その後駐機場に停止するまでは「グラウンド(地上管制)」が指示を出す、といった形が一般的です。

 そのため成田空港で飛行機の撮影や見学のためにエアバンドを聞いていると、パイロットが「ナリタ・タワー」と通信を始めた時点で、撮りたい、もしくは見たい「お目当ての便名」が分かっていれば、間もなくその飛行機が着陸してくることが分かります。

 着陸間近の迫力ある写真撮影ならこれで「次の機体を撮ろう」となりますが、もし降りてきた便をそのまま追いかけると、成田空港ではユニークな事象が発生します。成田の管制塔の本数がやけに多いのも、これが関係しています。

 先述のとおり、着陸後の飛行機は、「グラウンド」の指示のもと、駐機場(スポット)まで移動し、そのまま停止し到着となるのが一般的です。対し、成田空港では到着機が着陸し「グラウンド」とやり取りし駐機場の周辺になると、さらにそのエリアのみを担当する「ランプ」という部署とコンタクトするのです。この「ランプ」が備わった空港は、国内では成田空港のみです。そして、このランプのユニークなところはこれだけではありません。

「ランプの国内唯一」はこれだけじゃない 一番古い管制塔から振り返る歴史

 このランプ、世界でも例のない会社が担当している管制施設です。アメリカなどでは管制官が民間人という場合もあるそうですが、少なくとも日本では国家公務員である国土交通省航空局の職員、もしくは自衛隊員が管制官が担当するのが一般的です。

 ところがこの「ナリタ・ランプ」だけは、同空港を運営するNAA(成田国際空港)の社員が地上管制を担当しているのです。

 実は、成田国際空港が、新東京国際空港として開港した1978(昭和53)年当時、管制塔はひとつでした。塔内には、最上階に航空局の「タワー」と「グラウンド・コントロール」が配置され、その下の階にNAAの「ランプ・コントロール」がありました。

 その後、成田空港は規模を拡大し、第2ターミナルやB滑走路を運用開始させます。これに対応すべく、1993(平成5)年に航空局が管理ビルのもう一端に新管制塔を設置し、そちらに移動。旧管制塔はNAAが単独でランプタワーとして使うことになり、成田の管制塔は2本立てになりました。もしかすると、最初から2本立てにするという案もあったのかもしれません。

 しかし開港以来40年以上使用した旧管制塔は老朽化。地震への耐性も懸念されたことから、時代に合わせ免震構造を取り入れた「ランプセントラルタワー」を新設し、2020年9月から、そちらを使っています。このため、2021年に予定されている旧管制塔の取り壊しまでのあいだ限定で、成田空港では3本の管制塔が存在するのです。

 ちなみに、筆者(種山雅夫:元航空科学博物館展示部長 学芸員)は若かりしころ、旧管制塔で迷子になって、階段で閉じ込められたことがあります。携帯電話がありがたかったことを思い出しました。