ミニカーなどでもスポーツタイプのパトカーは人気あります。

 愛知県警察は2020年10月5日(月)、これまで県警高速隊で使用してきた「GTO」パトカーについて、県警の顔として各種イベントなどにおいてPRカーとして用いるため、広報課に移管したことを発表しました。

「GTO」は三菱自動車が1990(平成2)年から2001(平成13)年まで製造していたスポーツクーペで、パトカー仕様は愛知県警以外に、北海道警や警視庁、栃木県警、静岡県警、大阪府警などにも配備された実績があります。

 愛知県警の車体は中期型のドアミラー仕様で、排気量2972㏄のツインターボエンジンを搭載、6速マニュアルのタイプです。

 愛知県警での運用はすでに四半世紀近いものの、パトカーとしてはいまだ高い人気を持っていることから、廃車せず県警広報課で使い続けることを決めたとのことです。