最高時速320km区間が、宇都宮〜新青森間に延伸されます!

 JR東日本は2020年10月6日(火)、東北新幹線の盛岡〜新青森間について、最高速度を時速260kmから時速320kmへ引き上げる計画を発表しました。

 このスピードアップによって、当該区間の所要時間は最大5分程度短縮されるとのことです。

 速度向上にあたり、吸音板の設置や防音壁のかさ上げ、トンネル進入時の衝撃を緩和する施設延伸などの工事が行われます。工事の予定期間は、2020年10月から約7年間を見込んでいます。

 あわせて、速度引き上げのための工事がまもなく完了する上野〜大宮間では、2021年春から、最高速度が時速110kmから時速130kmに引き上げられます。これにより、当該区間の所要時間は最大1分程度短縮されます。