5G通信を使った無人タクシーが西新宿を走ります。

 株式会社ティアフォー、株式会社Mobility Technologies、損害保険ジャパン株式会社、
KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社の5社は、2020年11月5日(木)から8日(日)までの4日間、西新宿エリアで自動運転システムを導入した「JPN TAXI」の公道走行サービスを実証すると発表しました。

 今回の実証実験は、第5世代移動通信システム「5G」を活用するもので、前出の5社はこれに合わせて一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会と「西新宿地区のスマートシティ化推進に向けた連携協定」を締結しています。

 実証実験は、初日の11月5日(木)は完全な無人状態で運行する「遠隔型自動走行」(KDDI新宿ビルにいる遠隔監視・操作者が常時モニター)と、ドライバーが乗車した状態で自動運行する「非遠隔型自動走行」の2種類を行い、11月6日(金)から8日(日)までの3日間はドライバーが乗車した状態で自動運行する「非遠隔型自動走行」のみ実施する予定です。

 また、荏原交通株式会社、帝都自動車交通株式会社、日本交通株式会社、日の丸交通株式会社の4社は、交通事業者として実証実験にオブザーブ参加し、自動運転技術を活用したビジネスモデルの構築などに関するアドバイスを行うそうです。

 なお、実証実験期間中の11月6日(金)から11月8日(日)は、専用サイトで事前予約した希望者のなかから抽選で、車両の試乗に招待するとのこと。当選すれば、無料で乗車地と降車地指定のもと、自動運転車両へ乗車可能です。