駅のホームで、利用者が身に付けるワイヤレスイヤホンを線路に落とすケースが増えており、JRが注意を呼び掛けています。このような線路への「小さな落とし物」、駅員にとってはなかなか厄介なようです。

拾うには列車を止めなければならない

 山手線などを管轄するJR東日本東京支社が、2020年11月4日(水)からの約2か月間、「線路に落とさないで! ワイヤレスイヤホン」と銘打ち、駅などで注意を呼び掛けるキャンペーンを行います。

 同支社がワイヤレスイヤホンに着目した注意喚起のキャンペーンを行うのは初めて。「ワイヤレスイヤホンの落とし物は以前から目立っていましたが、数えてみると、東京支社管内の全78駅において、3か月で約950件も発生していることがわかりました」(JR東日本東京支社)

 ふだんワイヤレスイヤホンを使うという30代男性は、「耳からポロッと落ちることがあるんですよね。そして小さいから失くしやすい」と話します。

 JR東日本東京支社はワイヤレスイヤホンのほか、拾得しづらい小さな落とし物として、指輪や小銭などを挙げます。

「ある程度大きなものであれば安全拾得器(いわゆるマジックハンド)ですぐに拾うことができますが、小さなものを線路に落とされると、列車を一時止めたうえで対応する場合があります。2、3分の小さな遅れが積み重なる恐れがあるほか、時間帯によっては拾得までお待ちいただかなければなりません」(JR東日本東京支社)

 すぐに拾うことが難しい、こうした小さい落とし物。同支社によると終電後に捜索を行うこともあり、落とし主の手元に戻るまでに時間を要する場合があるそうです。