あべのハルカス300展望台など、施設の入場割り引き特典もあります。

 近畿日本鉄道は2020年10月15日(木)、「近鉄全線3日間フリーきっぷ」を11月4日(水)から翌2021年2月26日(金)まで販売すると発表しました。

 きっぷは乗車開始日から3日間、近鉄全線が乗り降り自由になるもの。生駒ケーブルや西信貴ケーブルも含まれます。そのほか「あべのハルカス300展望台」や「あべのハルカス美術館」(いずれも大阪市阿倍野区)、「志摩スペイン村」(三重県志摩市)など観光施設の入場割り引き、近鉄駅ナカのファミリーマートで利用できる飲料引換券といった特典が付いています。また、片道または往復の1回に限り、奈良県御所市の葛城山ロープウェイが半額で利用できます。

「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の値段は、大人3000円、子ども1500円です。近鉄線の主要駅窓口や自動券売機、主な近畿日本ツーリストグループの支店などで購入できます。きっぷの利用期間は2020年11月5日(木)から翌2021年3月1日(月)まで。購入は乗車日の1か月前から前日まで可能です。

 なお「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の販売に伴い、土日を含む連続3日間有効の従来商品「近鉄週末フリーパス」は2020年11月6日(金)乗車開始分から翌2021年2月27日(土)乗車開始分まで販売が停止されます。