マスクなしの酔客に運転手が不安を抱えているそうです。

 国土交通省自動車局旅客課は2020年11月4日(水)、都内の一部タクシー事業者から寄せられた運送約款の変更内容を認可したと発表しました。

 その内容は、利用者がマスクを付けていない場合に乗車を拒否することを規定するもので、次のようなケースで該当するといいます。

(1)運転手がマスクを着用していない理由を丁寧に聞き取った上で
(2)病気など正当な理由がない場合に限り、マスクの着用をお願いすることを基本とし、
(3)それでも正当な理由なく、マスクを着用しない者についてのみ、乗車を断る。

 国土交通省はこれについて、運転者のみならず、次に乗車する利用者の感染防止対策に資するものとして認可したといいます。ただし、約款の内容は「マスク未着用者の乗車を一律にお断りするものではない」とのこと。事業者が(1)〜(3)の手続を丁寧に実施していくよう、同省としても取り組んでいくそうです。

 認可の背景として国土交通省は、「タクシー利用者の中には、酔ったままマスクを着用せずに、大声で話しながら乗車する方がいるなど、運転者が不安を抱えているとの相談がタクシー事業者から寄せられておりました」としています。