オプションツアー、これはアツい!

 JAL(日本航空)グループ、NAA(成田国際空港)などは2020年11月6日(金)、新型コロナウイルスの感染拡大下に実施されている「成田発着の遊覧チャーター」の新たなバージョンとして、「チャーターDE海外旅行気分を満喫! 〜シンガポール〜」を12月5日(土)に開催すると発表しました。

 コロナ禍による渡航制限などで、海外旅行に平時のようにいけないなか、JALが行うのは、シンガポールにちなんだ周遊フライト。搭乗ゲートでは、シンガポールの景色のフォトブースを設置するほか、機内ではシンガポールをイメージした機内食提供、実際の観光の際に利用できる旅行券やグッズが当たる抽選会などを実施します。

 使用する飛行機は、ビジネスとエコノミーの2クラスを配する国際線仕様のボーイング767-300ER型機(客室仕様は「A44」)で、1席あたりの料金は、1万9000円(エコノミー・通路側もしくは中央)から4万9000円(ビジネス・窓側)です。

 また、今回は追加1万円のオプションで、成田空港内での「スペシャルバスツアー」も用意。一般公開していないエリアをバスで巡るもので、空港全体の俯瞰アングルや、一般エリアと違った角度から飛行機を見られるほか、国内最長4000mのA滑走路のそばで離陸を楽しめるといいます。