新幹線も運転士いらずの時代へ!

 JR東日本は2020年11月10日(火)、新幹線の自動運転に向けて、E7系新幹線を用いた試験走行を行うと発表しました。

 走行試験が行われるのは、新潟駅〜新潟新幹線車両センター間の約 5km。実施期間は2021年10月〜11月ごろの予定です。

 試験内容は「ATO機能」と「ローカル5G」が焦点です。

 ATO機能の検証は、列車が準備でき次第、遠隔で発車し、自動で加減速し、決められた位置に停車し、また緊急時に遠隔で列車を止められるかどうかの確認です。

 ローカル5Gの性能確認は、新幹線と指令室等との間で大容量の情報をリアルタイムで送受信できるかどうかの可能性検証です。今回は沿線に基地局を設置し、伝送試験を行います。

 JR東日本では、2018年7月にグループ経営ビジョン「変革2027年」を発表し、運転士のいらない「ドライバレス運転」の実現を目標としています。新幹線の自動運転に向けては、試験車両E956形「ALFA-X」でも、夜間走行試験などの実験により技術蓄積が行われていきます。