コロナ禍のもとJALが複数の空港で実施している遊覧チャーター便。羽田発着で実施されたのは、かつてほかのJAL路線と大きく異なったサービスを展開した「リゾッチャ」を模したものでした。そして当日には「偶然」のサプライズもありました。

「ジャンボジェット」を特別塗装に

 新型コロナウイルス感染拡大で飛行機利用が減るなか、JAL(日本航空)グループは、目的地へ行くための移動手段ではなく、フライト自体を目的とした遊覧チャーター便を、各地で不定期運航しています。2020年11月14日(土)は「ハワイ気分周遊チャーター」を羽田発着で実施しました。

 フライトそれぞれに様々な工夫を凝らしているJALの遊覧チャーター便ですが、この「ハワイ気分周遊チャーター」は、往年のJALファンにとって懐かしいものが飛び出します。かつてハワイやグアム、サイパン線などのリゾート路線で実施されていたキャンペーン「リゾッチャ」です。

 JALは「クラシックジャンボ」ボーイング747型機や、3発ジェット機のダグラスDC-10型機などの機体を「リゾッチャ」塗装にし、先述のリゾート路線などに投入していたほか、機内ではCA(客室乗務員)がアロハブラウスを着用し、ビンゴ大会も開催。ほかのJAL路線とは一線を画した、南国リゾート気分を楽しめる搭乗体験を提供していました。

 今回の「ハワイ気分周遊チャーター」のコンセプトは、この「リゾッチャ」を1フライト限定で復活させるというものです。

「偶然」とはいうものの、当日起こったうれしい誤算

 使用した飛行機は、平時ハワイ線で運航されている、計239席を有する国際線仕様のボーイング787-9型機(機内仕様はE92)。往年の「リゾッチャ」塗装のような特別機ではないと思いきや、思わぬ“サプライズ”がありました。

 この日の「ハワイ気分周遊チャーター」を担当したのは、アイドルグループ「嵐」のメンバーをデザインした特別塗装機「ARASHI HAWAII JET」(機番:JA873J)です。ハワイ線就航65周年を記念したもので、機体の左右に「嵐」のメンバー5人が大きく描かれています。JALによるとこの機体が周遊チャーター担当したのは「偶然」とのことです。

 1500人以上の応募から選ばれた176人(幼児含む)がフライトに参加しました。機内では、「リゾッチャ」時代の名物であった「リゾッチャビンゴ」や、CAのアロハブラウス着用も実施。ハワイ線限定で提供される機内食も用意され、歴代のハワイCMも放映されるとのことです。

 なお、当日の便名は「いいハワイ」にちなんだJL1801便(オペレーション上は別便名)。飛行機は、羽田空港を9時半過ぎに離陸。航空機追跡サイト「フライトレーダー24」によると、その後の同便は九州まで向かったのち折り返し四国や紀伊半島を通り、13時前に羽田空港へ戻ってきています。