南九州の玄関口が便利になります。

 宮崎県の河野俊嗣知事は2020年11月17日(火)、同県と鹿児島県などが整備中の都城志布志道路について、2021年春に2区間が開通すると発表しました。これにより宮崎県都城市と鹿児島県志布志市が、高規格道路で結ばれます。

 都城志布志道路は、宮崎道の都城ICから南の志布志港へ延びる計画延長およそ44kmの自動車専用道で、現時点において52%が開通しています。未開通区間のうち志布志市側の有明東IC〜志布志IC(仮称)間3.6kmが2021年2月27日に、都城市内の金御岳IC〜末吉IC間5.8kmが3月28日にそれぞれ開通し、開通率は73%になるということです。

 なお、残る未開通区間は宮崎道に接続する都城IC〜横市ICと、末端の志布志IC〜志布志港の区間ですが、前者は2021年度の開通が予定されています。

 志布志港は大阪からカーフェリー(フェリーさんふらわあ)が発着するほか、南九州と国内外を結ぶ物流の重要拠点です。河野知事は定例会見で都城志布志道路について、「全線開通に向けて先が見えてきた。防災、経済、医療、様々な面での効果が期待される」と話しました。

 ちなみに、志布志市では鹿児島市、鹿屋市方面から東九州道の延伸工事も進められていますが、志布志市へ通じる区間(鹿屋串良JCT〜志布志IC)の開通は、豪雨災害などの影響により、2020年度から「2021年夏頃」に延期されています。