奈良へ直行する老舗バス路線が復活です。

 関東バスと奈良交通が共同運行する夜行バス「やまと号」が、2020年11月20日(金)から「奈良ー新宿線」「五條ー新宿線」の2路線で運行再開されています。

 やまと号は首都圏と奈良を結ぶ夜行バスで、当該2路線は今年4月6日(月)から運休が続いていました。残る1路線の「奈良ー横浜・京成上野・東京ディズニーリゾート線」については、引き続き運休となります。

 運行が決まっているのは、11月20日〜23日、11月26日〜29日、12月3日〜6日、12月10日〜13日に加え、奈良ー新宿線は12月17日〜1月11日、五條ー奈良線は12月18日〜1月10日です。

 奈良ー新宿線はJR奈良駅を22時27分に出発し、バスタ新宿に翌6時10分に到着。反対に、バスタ新宿を23時15分に出発し、JR奈良駅に6時32分に到着します。

 五條ー奈良線は、五條バスセンターを21時10分に出発し、バスタ新宿に翌6時10分に到着。反対に、バスタ新宿を23時15分に出発し、五條バスセンターに8時05分に到着します。

 いずれの便も、東京側の起終点は新宿・京王プラザホテルで、途中天理駅、山添IC、針ICなどを経由します。